交通事故の過失相殺

被害者と加害者のある交通事故の場合には双方で過失を決めなくてはなりません。
この過失というのは警察が決めていると思っている人がほとんどのようです。
しかし実際には警察による実況見分、及び事故証明などの書類によって保険会社スタッフなどが決めるものになっています。
無保険であった場合には保険会社スタッフがいませんので先方との過失割合で揉めてしまうこともあります。
ここで決められた過失に応じて双方で補償問題を話しあっていかなくてはなりませんから、過失そのものに納得いかないのであれば弁護士さんに相談してでも正しい過失割合を導き出すようにしましょう。

また最終的には双方での過失相殺が行われた上で補償を行うことや、加害者がどれだけ補償するのかといった部分についてもドライバーが把握しておかなくてはなりません。
さらには無保険だった場合などには先方に対しての補償をする費用がないケースもあるので、そう言った時にどうすれば良いのかについても知識を持っておくと良いです。
万が一交通事故が起きてしまった際にパニックになったり、先方に言いくるめられてしまうことがないように正しい知識を持つのは非常に重要なことだといえるでしょう。

自分自身が被害者であっても過失相殺によって損をすることがあるので、必ずしも被害者だからと安心できるものではありません。
被害者として加害者側からの補償問題に納得がいかない時にも、やはり弁護士さんに相談するのが良い方法と言えます。
近年では事故を専門に扱う弁護士さんも増えてきました。



≪Special Link≫
交通事故の慰謝料を専門に扱う弁護士のサイトです→ 交通事故 慰謝料

Copyright © 2014 交通事故の保証 All Rights Reserved.